■ 8/16 225先物チャートの盲点2018.8.16

 先物取引は一定期間で決済する制度、SQがあります。
そのため、SQによって形成される『隠し絵』と呼ぶ特別な値段ゾーンがあります。
この値段ゾーンの下限ラインと上限ラインは相当な抵抗となり、日足チャートのダマシが
発生しやすい値段ラインとなります。
 225先物の売り玉を逆指値で利確指示したのは、この下限ラインの攻防戦だったため
です。単純なシステムトレードでのダマシはこのゾーンで発生します。


さらに、、、225の上げ下げとは別に先行指標・確認指標のチャートのトレンドが
転換していることがあります。
皆が皆225暴落を予想の時、指標は静かにトレンド転換してしまうこともありますので、
要注意です。


CGI-design